日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

ドクターエアストレッチロールとSの違い 最安値価格や口コミは

 
ストレッチをする女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -

ドクターエアストレッチロールにS(SR-002)が登場

人気健康グッズ「ドクターエアストレッチロール」と「ストレッチロールS SR-002」の違い、最安値価格や口コミ評価を調べてみました。

ストレッチロールのほうは3分間に1万回のハイパワー振動機能を搭載。軽量コンパクトなので持ち運びがかんたんなので、どこでもストレッチを行えます。「筋膜リリース」で筋肉の癒着を剥がす動きをしてくれます。

ストレッチ用の健康グッズは意外に場所を取るものもありますが、部屋で邪魔にならないのが人気となりました。

前モデルとストレッチロールSの違い

ストレッチロールとストレッチロールSの違いはまずはパワーのバリエーション。Sのほうが性能がアップしています。

ストレッチロールの振動回数
レベル1:2,300回/分 レベル2:2,700回/分 レベル3:3,100回/分 レベル4:3,700回/分

ストレッチロールSの振動回数
振動回数:レベル1:2,100回/分、レベル2:3,000回/分、レベル3:3,500回/分、レベル4:4,000回/分

Sのほうはパワーアプしていながら、最小振動回数は1分間に2,300回から2,100回に減らしているため、ストレッチしたい部位やその日の体調に合わせて微妙な調整はしやすいわけですね。

こちらが前モデルのドクターエアストレッチロールです。


また、ストレッチロールの形状が「縦長突起」だけだったのにたいして、Sは「凹凸なし」「横長突起」「縦長突起」「粒上突起」があります。

これによって、たとえば背中は凸凹を使って、ほかはあてる部位を変えられるようになったため、刺激も変えられるようになりました。さらに、操作性も向上しています。

前モデルとストレッチロールSの最安値

最安値で比較すると前モデルのドクターエアストレッチロールが18,000円程度、ストレッチロールSが19,000円程度とあまり変わらないようですね。

前モデルのほうは在庫も残り少ないですし、性能からコスパを考えたらストレッチロールSでいいかもしれません。

ドクターエアストレッチロールSの口コミ

気になる口コミですが、一般的な評価からまずはマイナスポイント。「振動が強いので、室内で使用するとかなりうるさい上に、遠くまで振動が伝わってしまいます」というのが難点。

また、「使い方を説明したDVD付いてたら良かった」というのもありますが、商品名でYouTubeを検索すると出てくるので参考にしてみてくださいね。

支持するレビューでは「寝る前に膝の下でブルブルしてから寝ると足を真っ直ぐにしても痛くなく、すぐに眠れるようになりました」「個人差はあると思いますが、スポーツなどによる張りや疲れなどにはオススメの商品」など、とくに痛みが強い人にとっては緩和が実感できているようです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のんきな日記 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »