日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

モバイルチェアSitpack zenXのレビュー評価や2.0の違い

 
バッグを持つ女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -

モバイルチェアのおすすめ、Sitpack zenと2.0の違いとは

どこでも座れる椅子、モバイルチェアのおすすめ「Sitpack」の特徴、Sitpack zenと2.0の違いについて解説します。

Sitpack2.0はどこでも座れる携帯用一脚椅子です。デンマークのデザイン会社が開発したスティック椅子で、背中をまっすぐ、頭を高い位置に保つという人間工学に基づいた設計となっています。

この携帯椅子はディズニーの行列待ちや音楽フェス、電車の待ち時間などで使う方が多く、腰椎のケガなどをしている方でも足腰の負担から解放してくれるということで人気になりました。

とはいえ、「Sitpack 2.0」の口コミ評価では「560gは重い」「座面が滑る」「座面は固くい」というマイナス評価もあり、Sitpack zenではそれが改善されているといことですね。

Sitpack zenと2.0の違いは、zenは腰を受け止める部分がメッシュ素材の布になっていること。しかも、すわったときのやわらかさの調節が自分で調整できることです。

また、本体を畳んだときの大きさは直径4.5cmなので横幅はかなりコンパクト。やや軽量化もされています。

Sitpack 2.0 Sitpack zen
畳んだときの大きさ 500mlペットボトルと
ほぼ同サイズ
直径4.5cm、高さ22.2cm
重さ 約560g ZEN X-I(アルミニウム製)は重さ555g
ZEN X-II(カーボンファイバー製)は
重さ455g
耐荷重 100kg 130kg
今日現在の安い価格帯 3,000円ほど 13,000円ほど

Sitpack 2.0では長時間すわる場合には「シットパック用カバー・クッション ストラップ付き」や「滑り止めシート」を購入する必要がありましたが、Sitpack zenでは必要ないわけですね。

ただし、価格は大幅に違います。節約するなら、Sitpack 2.0がいいかもしれませんね。

「シットパック用カバー・クッション ストラップ付き」が2,300円ほどで購入できるので、本体と合わせて5,000円ちょっとで全部そろいます。

携帯椅子Sitpack zenの口コミ評価は?

Sitpack zenを実際に購入した方の口コミ評価を調べてみました。まずはマイナスポイントとなる点をあげてみます。

「タウンユースにするにはまだ重い」
「持ち歩くための専用袋などはついてない」
「組み立てにコツがいる」

支持するレビューは以下の通りです。

「股関節が痛くなり、長時間立つのが辛いという母のために購入。たたむのもスムーズ。設置するのもスムーズ。しかもかなり軽い」

「ゴルフで他の人を待っているとき、狩猟や釣りの時にも使っている。非常に便利、ありがとう!(アメリカ)」

軽くスリムになったとはいえ、500mlペットボトルの飲料水よりちょっと軽いくらいはあります。そこだけはご注意くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のんきな日記 , 2020 All Rights Reserved.

Translate »