日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

フレスコボールのルールや意味、ラケットセットを購入できる販売店は?

2019/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「フレスコボールFrescoball(ポルトガル語:frescobol)」が日本でも知られるようになりましたね。NHKおはよう日本で神奈川県三浦海岸から紹介されたりしたことも人気に火をつけたようです。

フレスコボールのルールや道具(ラケットセット)などについて、通販の在庫価格・入荷情報を調べてみました。フレスコの意味はポルトガル語で「夕涼み」なんですね。

フレスコボールはブラジルのリオデジャネイロ発祥のラケットスポーツです。日本の羽子板遊びをもっと激しくしたスポーツです。


ブラジルではビーチで年齢や性別に関わらず楽しまれています。目の前の相手は競う敵ではなく、パートナー、味方です。基本ルールはラケットを使ってペアでラリー回数やテクニックを披露し、採点が行われるというものです。

選手と選手の距離は最低7m。大会やシーンによって変わります。番組紹介のルールは見方同士でラリーを続け、5分間で何回ラリーが続けられるか競うというものでした。

いかにパートナーの打ちやすいところに打ち、いかにラリーを長く続けるか。と同時に、他のペアよりいかに上手く、かっこよく、長く、激しく打ち合えるのか、見せるスポーツであるところが魅力です。



日本選手権も行わていて、ラケットセットが販売されています。日本代表の芝卓史選手、斉藤亮太選手は国内の大会を2017年8月12日現在、2連覇しています。

こちら、楽天とアマゾンとYahoo!ショッピングのリンクを使っています。NHKおはよう日本で紹介されました、「フレスコボールFrescoball」のラケット販売店から在庫価格・購入情報がわかります。口コミも多数載っているので参考になります。

posted with カエレバ

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© のんきな日記 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »