日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

石川能登の珠洲焼 特徴や陶器の通販など NHKイッピン

 
この記事を書いている人 - WRITER -

NHKイッピン「手になじみ目に楽しい黒の器~石川珠洲焼(すずやき)~」で紹介された「珠洲焼」の通販お取り寄せを探してみました。石川県珠洲市は能登半島の先端に位置しています。

珠洲焼は12世紀後半頃から15世紀末頃に珠洲市付近で生産された、中世の日本を代表する陶器のひとつです。日本で古墳時代から平安時代まで生産された陶質土器に「須恵器(すえき)」がありますが、珠洲焼はこの技法を受け継いでいるのが特徴です。

縄文土器から日本の土器は日本列島古来の技法である、紐状の粘土を積み上げる「輪積み」の技術で野焼きで焼いていました。焼成温度が低いため、強度が弱いものでした。



これにたいして、須恵器は窖窯(あながま)と呼ばれる地下式・半地下式の登り窯を用いて高温で焼くため、従来の土器よりも強度をもつことができました。

珠洲焼はそんな須恵器の流れをくんでつくられました。能登半島珠洲の土は鉄分が多く、薪で焼くことで還元がかかり、薪の灰が溶けて自然の粕薬となり渋い黒灰色となり、叩き紋、綾杉紋、印花紋、秋草紋などの装飾が施されているのが特徴です。

平安時代から平安末期から関西以北の広い地域で庶民の日常器として使われていた珠洲焼は室町時代まで盛んに作られました。やがて、津軽海峡をとおって西廻り航路を走る荷物運搬船の北前船(きたまえぶね)で遠く北海道まで運ばれるようになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

珠洲焼 自然釉酒器
価格:4320円(税込、送料別) (2018/10/20時点)

14世紀には流通が日本列島の四分の一に広がるほど隆盛を極めた珠洲の陶器ですが、約400年前の戦国期に忽然と姿を消したことで「珠洲古陶(幻の古陶)」と呼ばれるようになりました。

背景には戦国時代の始まりとともに、荘園領主である貴族の力が衰えたことで、生産・流通の後ろ盾を失い、競争力が維持できなくなったためと言われています。

時は流れ、珠洲が焼き物の一大産地だったことも忘れられ、残された多くの珠洲焼はありふれた焼き物として使われていましたが、やがて室町時代の珠洲焼の骨壺が発見されたことがきっかけで窯跡が発見され、珠洲焼の研究が始まりました。

1976年(昭和51年)、全国から集まった陶芸家や考古学者の力により、珠洲市が珠洲焼の復興に成功します。1989年には石川県指定伝統的工芸品の指定を受けるまでになりました。ちなみに能登半島の珠洲は珪藻土のコンロの産地としても有名で、このような美しいコンロも生産されています。



番組には珠洲焼作家として元グラフィックデザイナーの山田睦美さんが手がけるスタイリッシュなカップが紹介されました。珠洲焼のイメージが覆されるような柔らかい和紙のような表面の質感が評判です。

このサイトでは楽天・アマゾン・Yahoo!ショッピング・7netのリンクを使っています。こちらの通販ではまだ石川珠洲焼の陶器販売数が少ないようですが、NHKイッピンで紹介された「石川珠洲焼」の通販販売店から在庫価格・入荷情報を探せます。ぐい呑、徳利などがあります。

posted with カエレバ

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© のんきな日記 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »