日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

寺岡有機醸造のたまごかけ専用醤油や牡蠣ポン酢・人気の倉庫市とは

 
日本伝統の食卓イメージ
この記事を書いている人 - WRITER -

広島の牡蠣ポン酢で知られる寺岡有機醸造

寺岡有機醸造は広島県福山市の会社で、化学調味料・合成保存料無添加の濃口醤油、淡口醤油、だし醤油、減塩醤油から「牡蠣ポン酢」「寺岡家のたまごにかけるお醤油(たまごかけ専用醤油)」「納豆にかけるお醤油」など、ユニークな商品を製造、販売をしています。

また、寺岡家のガーリック、ノンオイル、しろごま、和風ごま、梅といったドレッシングも通販で人気となっています。

寺岡有機醸造は醤油の原料を確保するために、広島県福山市松永の塩田跡地で有機大豆と有機小麦の栽培を行っていました。その後、平成6年に広島県世羅郡世羅町に45ヘクタールの寺岡有機農場(有)を設立、大豆、小麦、そば、野菜を有機農法で栽培を始めています。

有機農法原料で作る、たまごかけ専用醤油

平成10年にはJONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)から、大豆、小麦、そばなどの原料の認定を取得。平成11年には有機醤油の認定を取得しています。

ちなみに、JONAとは有機農業を推進し有機食品を普及することを目的に設立された特定非営利活動法人です。有機農業者や製造業者、流通業者、消費者などがメンバーとなって活動しています。

人気は「寺岡家のたまごにかけるお醤油」。たまごとの相性を追求し、天然醸造醤油にかつお節・日高昆布・国産牡蠣のうまみがブレンドされているので、まろやかでほんのり甘めの風味が楽しめます。

2種類の牡蠣ポン酢や病院と連携した出汁つゆ

さらに、「牡蠣ポン酢」は2種類。瀬戸内で育った広島県産レモン果汁と国産牡蠣エキスを使用したこだわりの「レモンぽんず」。また、「牡蠣だし柚子ぽんず」は香り豊かな四国産ゆず・すだち果汁に、国産かき・かつお節・北海道日高昆布の旨みがブレンドされています。

新しい試みも行われていて、「大田記念病院が考えただしつゆ」も販売されました。こちらは減塩に取り組む広島県福山市の大田記念病院とだしメーカーのカネソ22が共同開発した「だしパック」をベースに寺岡有機醸造が健康とおいしさを追求した商品です。

倉庫市は目玉商品がお買い得に購入できる

福山市南松永町にある同社の南松永工場(広島県福山市南松永町2-3-25)では「倉庫市」と呼ばれる、目玉商品がお買い得になる販売もあり、地元の方には毎回大人気となっています。直前の発表なので、同社の名前と倉庫市でときどき検索してみてください。

最寄り駅は山陽本線の松永駅から徒歩で約26分、バスで行くなら最寄りのバス停がいくつかあって、南松永から徒歩で約8分、徳島(広島県)から徒歩で約10分、松永中学校前からは徒歩で約12分になります。

こちら、楽天・アマゾン・Yahoo!ショッピングのリンクを使っています。オンラインで販売されている寺岡有機醸造の商品を探せます。

posted with カエレバ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のんきな日記 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »