日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

ウォータークールクロス冷却タオルで熱中症対策・使い方や口コミ評価は

 
くつろぐ女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -

ウォータークールクロスのシロクマが「冷却タオル」で人気

熱中症対策グッズ「冷却タオル」のなかでも人気なのが、「ウォータークールクロス(WATER COOL Cloth)」小泉ライフテックス。仕組みや使い方、持続時間、洗濯方法、口コミの評価などについて調べてみました。

以前に日本テレビ「ヒルナンデス!」でロフトの売り場から冷却タオルの売れ筋商品として紹介された、ウォータークールクロス。シロクマ柄がとくに人気です。

素材にはナイロンが55%、ポリエステルが45%使われていて、使い方は水に濡らしてから絞って振るだけです。

熱中症対策に使える仕組みは冷感素材と気化熱

ひんやりする原理は2つの仕組みが関係しています。まず、生地内側に冷感ナイロンが使われていること。接触冷感素材と呼ばれるタイプのものですね。

熱伝導率が高く、触れたときに肌からクロスへと多くの熱が移動するので冷たく感じます。また、糸の断面が丸でなく特殊な形状をしているため、水や汗を素早く吸水、拡散してくれます。

ふたつめの効果といえるのが、クロスから水が蒸発するときの気化熱の作用。水は接しているものから熱をうばって蒸発していくため、そのときに体の熱が水に吸収されていくんですね。ちなみに、こちらはタオルになっていないタイプ。

ネームタグ・UVカットもあるのでアウトドアやスポーツに

ウォータークールクロスのサイズは首に巻くのにちょうど良い長さの約30×90cm。首に巻いたて留められるネームタグも付いていますから、ずり落ちることもありません。

さらにUVカット率約90%以上なので、ランニングなどのスポーツ、アウトドアにも使えるほか、子供用の熱中症対策にも使えますね。

簡易パッケージも付属でついてきますが、水を入れて持ち歩くようには作られていないため、水漏れしますからご注意下さいね。

口コミにもありましたが、300mlほどの広口ポリボトルケースがあれば、水道水を入れてアウトドアや屋外作業にも持っていけそうです。下のようなボトルですね。


 

ウォータークールクロス・口コミの評価は?

ウォータークールクロスの通販最安値(税込)は1,080円から1,620円ほど。熱中症が心配な方へのプレゼントなら、売れ筋のシロクマ柄あたりが無難ですね。

一般的な評価からまずはマイナスを指摘する感想。「タオル地で使いやすいが、バーベキューなどの油ヨゴレがつくと、洗濯しても完全にはとれない」「ひんやり効果はごく短時間」など。

油ヨゴレはどんなものでもしかたないかもしれませんね。持続時間が短いのはたしかに弱点ではありますね。ちなみに、支持している人は定期的に水につけてしぼって使うのをくりかえして使っているようです。

支持するレビューには「濡らしても綿のように重くならないし、安くてサイズも手頃」「水道水を浸して絞って使うと、確かにひんやりとした感触。この長さなら首に掛けたり頭に巻いたり、色々と使い方もあります」「夏フェスや暑い日の行楽に持ってくとほんと便利」など。

保冷剤を入れるタイプほど温度は下がりませんが、体への負担が少なく、自然な涼しさを求める人には快適なグッズといえるようです。

こちら、楽天とアマゾンとYahoo!ショッピングのリンクを使っています。日本テレビ「ヒルナンデス!」でもおすすめの「ウォータークールクロス」の通販販売店を探せます。

posted with カエレバ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のんきな日記 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »