日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

ミズノスクワットスリールのディノス価格比較・口コミ・プリエとの違い

 
室内でくつろぐ女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -

ミズノスクワットスリール・いいものプレミアム(ディノス)で紹介

「ミズノスクワットスリール」が1月16日のフジテレビ「ノンストップ!」通販コーナー、いいものプレミアム(ディノス)で紹介されました。

以前に短期間のセールで紹介されて、あっというまに売り切れましたが、その後も大人気で売れているため、ディノスで再販となったようですね。

通販では楽天・Yahoo!ショッピング・Wowmaにディノスのショップがありますが、アマゾンでもほかの販売店の在庫があります。

スクワットスリールの特徴

「ミズノ スクワットスリール」は総合スポーツ用品メーカーのミズノが開発した、ラクにスクワット運動ができる「スクワットサポートアイテム」です。

スクワット運動とはいえ、座ると自然に良いフォームで「スクワット」ができるようになっているので、ムリせずに自然と鍛えられる点が人気なんですね。

立ってスクワットする場合と違い、座って行うとヒザを使いにくいので、太ももの筋肉が集中的に使われます。

座って上下動するだけで心拍数が安定したまま、通常のスクワットと同じくらいの運動効果が得られます。

口コミ評価は?

購入された方のレビュー(口コミ)からまずはマイナス部分の感想として「音が大きいのが残念」「座る度にカタカタ音がするのが気になります」というように、音に関する不満がひとつ。

また、少数ですが「100回位連続してやると底面裏中央の金具部分から黒いオイル(シリンダーのグリス?)が垂れてきます」というのもあるので、一応、下に何か敷いておいて使ったほうがいいかもしれません。

支持するレビューには「テレビを見ながらできるので飽きずに継続できてます。1週間で手応えを感じてます」「運動嫌いな娘も気に入って一緒に使用してます」「結果はわからないけど、試した感じは効果がありそうです」などの評価が見られます。

「30代後半から膝が痛く、しゃがむ事が出来ないので強化できる事を期待してます」というように、体を動かすことが困難な方も挑戦しています。

とはいえ、「思ったより自力が必要で、かなり足がプルプルします」というように、人によってはちょっとたいへんさを感じる方もいるようなので、やりすぎにはくれぐれもご注意くださいね

価格比較と新製品ル・プリエスクワットとの違い

使い方はYouTubeにミズノのスクワットスツールの動画があるので、見るとわかりやすいです。

在庫価格・入荷情報を探してみると、ディノスの価格は1/18(日)まで税込13,090円で送料無料なのでお買い得感がありますね。

ちなみに、スクワットスリールがリニューアルした「ル・プリエスクワット」がミズノ公式オンラインショップや通販で販売されています。

スクワットスリールとの違いは、いくつかあります。材質は同じです。

・より座面生地をより触り心地の良いものにし、足部をフラットにしてデザイン性をアップしている

・座面の高さがやや低めに設定されて、身長が低い人でも使いやすくなったこと(表組み参照)

・重量を重くしたことで安定感を増したこと(表組み参照)

スクワットスリール ル・プリエスクワット
座面幅・座面奥行 約325mm 約310mm
脚部幅・脚部奥行 約385mm 約350mm
座面高さ 約420~560mm 約395mm~535mm
重量 約4.48kg 約7.4kg

価格では税込で15,000円ほどと、スクワットスリールよりもちょっと高めです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© のんきな日記 , 2020 All Rights Reserved.

Translate »