日本の伝統工芸品やグッズなどをご紹介します。

3Dメディカルシートペルソナのディノス最安値やモスMOSSとの違い

2020/05/06
 
健康的な女性のイメージ画像
この記事を書いている人 - WRITER -

3Dメディカルシートペルソナ・いいものプレミアム(ディノス)の最安値は?

2月13日放送フジテレビ「ノンストップ!」の通販コーナー、いいものプレミアム(ディノス)で紹介された「3Dメディカルシートペルソナ」の在庫や最安値、「3Dメディカルシート モスMOSS」との違いを調べてみました。

「3Dメディカルシートペルソナ」は株式会社ヴァルテックスが販売している「モンデールマッサージシートproMS1」と同じ製品です。

楽天とYahoo!ショッピングにあるdinosディノスのサイトでは、2/16(日)までの期間限定キャンペーンをやっていて、ヴァルテックスの公式サイトよりも安く購入できるんですね。

メーカー希望小売価格40,000円税抜が、WEB価格25,555円税抜の最安値となっています。

3Dメディカルシートペルソナの口コミ評価は?

実際に購入した方の口コミ評価を調べてみました。まずはマイナスポイントとなる点をあげてみます。

「肩のマッサージの高さがもう少し下まで下りたら良いのに」
「しいて言えば、もう少し横の幅が微調整ができれば最高」
「ブラウンは(色が)暗い」

支持するレビューは以下の通りです。

「薄くてもパワーはしっかりある。パソコンのデスクの椅子に乗せているが 使用しない時でもかえって座りやすくなった」
「もみ具合、指圧具合は最高」
「持ち運びができて便利。首、肩、背中、腰と、全体的にマッサージしてくれるので気持ちいい。ヒーター機能も良い」

機能と価格を考えるとコスパがいいという評価もあります。

背が低い方には背中をマッサージするときに、思うようなところに当たらないという感想もあり、そのような場合には座布団を敷いて合わせるのがいいようです。

ペルソナと3DメディカルシートモスMOSSとの違い1・調整範囲の広さ

3DメディカルシートモスMOSSの在庫は大手通販にはほぼなく、今日現在、約1万円でアマゾンにありますが中古品での出品のようです。

ペルソナとメーカー従来機、つまりモスMOSSとの違いはディノスの説明では「もみ心地が本格的で今までのタイプとは比べ物にならない気持ち良さとなっています。

この点は解説だけを読んでもなかなか伝わりづらいので、具体的な機能で説明しますね。

4つのもみ玉が立体的なウエーブを描きながら移動するのは同じですが、首・肩でのもみ玉の調整範囲はモスMOSSが約18cmにたいして、ペルソナでは上下約20cmm

背中でのもみ玉の調節範囲はモスMOSSが上下約25cm、ペルソナでは上下約36cmとなっています。

つまり、わかりやすい点では「調節範囲が広がった」ということですね。

違い2・最新モデルのペルソナでは緩衝シートやクッションが付属

旧モデルでは細身の女性だとマッサージが強すぎると感じる人もいたのか、背中部分につける「緩衝シート」がセットになっています。

また、小柄な人のために「クッション」もついていて、下に敷いて使うと座面がやや高くなるため、座高が低い人でも使いやすくなっています。

これによって、体格差のある家族での使用が可能となっているわけです。

違い3・調整範囲の広さ

また、モスMOSSの電源コードが約1.8mと短かったのにたいして、ペルソナは3mと長めにとられています。

もみ玉位置を調節して、自分が「気持ちいい!」と思ったポイントにに固定できる機能やヒーター機能は同じです。

耐荷重約90kgは同じですが、モスMOSSの本体重量が約8kgにたいして、ペルソナは約7.6kgと微妙に軽くなっています。

3Dメディカルシートペルソナはまだ発売されたばかりなので、口コミ評価はこれから入ってくると思いますので、チェックして掲載しておきますね。

3Dメディカルシートの類似品は?

「3Dメディカルシートペルソナ」の類似品といえば、日本テレビの女神のマルシェやテレビ朝日・ロッピングでも紹介された「ライフフィットシートベッドマッサージャーLife101」があります。

画像で見ると大きく見えますが、実際の大きさはペルソナよりも奥行きが少なく、高さも1センチ低い製品です。

機能的にはもみ玉の数もかわりませんが、こちらはヒーター機能がないために電気代がちょっと安くなります。

価格がペルソナよりもちょっと安いので興味のある方はチェックしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© のんきな日記 , 2020 All Rights Reserved.

Translate »